口座開設の手続きは思いのほか簡単!

海外のFX口座をつくるのは初めてという人が疑問に思っていることのひとつに「現地に住んでいなければ口座を持てないのでは?」「日本からでも口座開設手続きがきちんとできるのかなあ?」といったことです。

今や海外FX会社は日本語のサポートも充実しており、今や日本に居住しながらにして口座を開設できる海外業者がが増えてきています。もちろん、費用は一切かからず無料で簡単な手順で口座開設することが可能です。それでは口座開設手続きのステップを見てみましょう。

手続きの流れ

口座開設したいFX会社のWEBサイトから口座開設ボタンを押すと、登録フォームページに遷移するので、案内どおりに必要なお客様情報を入力していきます。間違いのないように入力し、確認後、送信してください。

登録情報を送信したら、すぐに登録内容確認のメールが届きます。メールの内容を確認後、問題ないようでしたら本人確認書類をメール内に記載されているURLよりアップロードして下さい。
※必要書類の提出方法はFX会社によって異なります。

必要書類をアップロードした後、お申込み完了メールが届きます。

その後、業者によってお申込み内容と必要書類の確認作業がされます。

口座開設手続きが完了した旨がメールにて連絡されます。

口座開設時に必要になる書類

海外FX口座を開設するにあたり、必要な書類がいつくか必要となります。本人確認書類としてパスポートや運転免許証などの写真付きの身分証明書、住所証明として公共料金の支払証明書や携帯電話の請求書などが必要になります。必要書類の詳細は下記の表にまとめましたので参考にしてください。

本人確認書類 住所証明書類 備考
YouTradeFX いずれか一つ必要 いずれか一つ必要 下記記載の書類に該当するものであればOK
YouTradeFX + ZuluTrade いずれか一つ必要 いずれか一つ必要 下記記載の書類に該当するものであればOK
FXDD 本人確認書類を2種類用意擦る必要があります。1種類しか用意できない場合は、本人確認書類の他に「住民票」「クレジットカード」「健康保険証」のいずれかのコピーが必要になります。
FXcast いずれか一つ必要 いずれか一つ必要 下記記載の書類に該当するものであればOK
IFCM いずれか一つ必要 不要 下記記載の書類に該当するものであればOK
eToro パスポート認証 いずれか一つ必要 パスポート認証を案内に沿って取得した後、提出してください。
住所証明は3ヵ月以内のものが必要です。
GCI いずれか一つ必要 不要 下記記載の書類に該当するものであればOK
本人確認書類として利用出来るもの
パスポート
運転免許証
写真付き住民台帳
住所証明書類として利用出来るもの
住民票
水道利用明細
電気利用明細
ガス利用明細
固定電話利用明細
携帯電話利用明細
クレジットカード利用明細

海外FX最新ランキング